カテゴリー別アーカイブ: バックヤード

バーベキューパークのパックヤード

試供品サンプルの配布

バーベキューパークのスタッフはバーベキューレンタル器材、食材のお届けなどのバーベキュー関連以外のもシーズンにより重要な仕事があります。

大手企業様が出される新商品の試供品サンプル配布です。野外でのバーベキューですので、そのようなシチュエーションにあった商品が多いです。ジュースやお茶、アルコール飲料などのドリンク類、傷んだ髪用のキャンプー、コンディショナー、ヨーグルトを使用したバーベキューソースなどなど

商品にもよりますが月間10,000個程度の数になり、中にはサンプルに付随するリーフレットや商品説明書、アンケート用のハガキなどがあり、こちらのアッセンブリー作業があります。これが意外と手間と時間がかかるのです。

リーフレットをハガキと同じサイズに折り畳み、ビニール袋へ入れ、密封する。簡単な単純作業ですが、数が多いと大変です。スタッフも継続30分くらいが限度みたいで、

スタッフたちはバーベキューレンタル器材、食材のお届け時にお客様へ試供品をお配りするのですが、商品によっては女性限定、成人限定など配布条件が決まっていて、見合った数をお渡しいします。

一度ノンアルコールビールの試供品の話を頂き、配布条件には成人のみとありました。私も知らなかったのですがノンアルコールビールは未成年者は飲んではいけないそうです。ノンアルコールだけどビールだから?味はビールなので未成年の方は合わないでしょうが

どのようなサンプルでもお客様は笑顔で受け取っていただけます。やはり得した感があるみたいです。

サンプル ビオレ パーフェクトミルク

サンプル ビオレ パーフェクトミルク

サンプル ビオレ パーフェクトミルク

サンプル ビオレ パーフェクトミルク

新木場公園で試供品を配布

新木場公園で試供品を配布

妙典河川敷で試供品を配布

妙典河川敷で試供品を配布


スタッフの日常②

「スタッフの日常」の続き第2弾です。

前回は、朝早く集合してお客様の下へ出向くまででしたね。

遠方のお客様にデリバリーする場合は、午前7時台に出発しますが、ご近所さんだと朝9時ごろ出発です。次々と運転手がお客様の下へ出向くと、社内は朝7時の喧騒さと打って変わり、静けさを取り戻します。残った人間は、まず社内を掃き掃除します。

続いて、前日のデリバリー器材の洗浄を始めます。クーラーボックス、食材を入れている保冷バッグ、グリルの順で手洗いしていきます。次のお客様に気持ちよく使っていただくために、懇切丁寧に洗っていきます。当たり前ですけど、ホースで水かけて終わりじゃないんですよ。1つ1つに水をかけ湿り気をつけ、次に洗剤(洗う器材によって洗剤も使い分けてます)で、金タワシ・タワシ・スポンジ・歯ブラシ(細かい汚れを落とすために)などを駆使してゴシゴシ洗っていきます。グリルは炭の残りがついてないかの点検も怠りません。4月のこの季節、春とはいえまだ水は冷たく、中々つらい作業でもあります。

デッキチェアも洗います。前日が雨模様のときは、チェア、タープテントの幌などを残っている人間総動員で洗います。チェアは、赤・緑・グレイ・黄・ピンク・紫・黒色と彩豊かなので、数百洗って会社の駐車スペースに天日干しすると鮮やかで、爽快な景色が広がります。チェアのカバー、テーブルクロスなども手洗いして、洗濯機で脱水をかけ干します。グリルの脚、焼けた炭などがこびり付いたロストルなどもゴシゴシします。

ここまでの作業で午前中が終わります。ひと段落するまで作業は続けます。

近場のデリバリーに行った運転手もこの頃、会社に戻ってきます。

そして、ようやくお昼ご飯の時間。会社の近所には「西友」「新鮮市場」などのスーパーマーケットがあるので、各々好きな食べ物を買ってのランチタイムです。一食では足りないのか、お弁当にカップラーメンという強者も多いです。

午後は、洗いの続きです。折り畳みのテーブル、ロングテーブルを水拭きしていきます。

テーブルの脚に土や泥がついている場合が多いので、足から丁寧に拭いていきます。テーブルの表面は、水アカや頑固な汚れがすっきり落ちる「メラニンスポンジ」(ゲキ落ちクンといったほうが分かりやすいですか)などを使っています。

チェアやタープテントの点検する別部隊がいれば、トング、包丁、タッパー、まな板などの食材にかかわる器材を洗い、最後に熱湯消毒をする担当もいます。また、紙皿・お箸、カップの人数別セット作りや、不燃・可燃ゴミ袋をきちん畳んだり、ブルーシートをきれいに拭いたり、包丁にカバーをつけたり、やることは山ほどたくさんあります。

キッチンでは、食材の加工やお肉のつけだれ作りのスタッフがいます。バーベキューパークのお肉のつけだれは丸1日かけて大鍋にじっくり煮込んで作っています。「おいしい!」と、評判いいんですよ。ビールに良く合います。ぜひ食べてみてください。

バーベキューパークの大きな特長は、お客様にリピーターが多いという点です。

我々スタッフにとって、お客様の「頼んでよかった」「今年、バーベキューパークに頼むの○回目だよ」と言われるのが何よりの励ましの言葉です。

これからもよろしくお願いいたします。


スタッフの日常①

今回はバーベキューパークの日常について書かせていただきます。多分、1回では書ききれないため何回かに分けてになるかと思います。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

お客様により快適にバーベキューをしていただくためにバーベキューパークの朝は早くから始まります。お届け先のバーベキュー場によってですが、時には同業他社よりいい場所をキープするために前日より泊まりがけをすることもあります。夏場は辛いんですよ、襲ってくる蚊の撃退法が。ま、それはたまにですけどね。それでもバーベキューパークの朝は早い。まだ新聞が配達される前に集合(それはオーバーだけど)。

当日朝には出勤と同時にお届け先などの担当が貼り出されており、デリバリーする器材・食材のチェックから始まります。前日には全てのデリバリー車両に準備されていますが、念には念を入れてのチェックです。デリバリー先に着いて「器材・食材がちゃんとそろっていませんでした」ではダメでしょ。

次には朝の道路情報の確認、「お客様が望むならどこまでも行きます。約束の時間より前には到着」が心情だから、交通情報は特に重要です。そして遠方へのデリバリーの器材・食材の車の積み込みを手伝います。続いて食材を大型冷蔵庫から出し車に積み込みます。デリバリーは大概バンで移動しますが、大人数のお客様の場合は2トントラックを使用します。毎週土日はこのトラックが出動しています。別のブログ記事にも書かれていますが、「しじみ2号」の愛称で稼働しています。(続く)